愛栄協同組合とは
建設業者を組合員とする組合です。
中小企業を取り巻く環境はますます厳しく、とりわけ建設業は競争、競合が特に厳しい状況にあります。 個々の中小企業だけで対処していくには限界があります。そこで組合員が相互に協力し共同購買、外国人研修生受入などの共同事業により組合企業の発展と国際社会に貢献できるよう日々活動しております。

共同購買事業
作業服、事務服、安全帽、安全靴、安全帯などを組合員価格で提供
外国人研修生受入事業
日本の優れた技術技能を、実務を通して途上国の若い研修生に移転することを目的として、創設された制度です。1年間の研修終了後、技能検定試験を受験し合格すると、技能実習生として更に2年間企業で技術の習得を行います。
愛栄協同組合 お問合せ・資料請求 | サイトマップ | 組合員企業情報